創業明治14年。歴史が誇る伝統の味。「元祖いかせんべい」

明治14年に宮古市で創業しました「すがた」の『元祖いかせんべい』

 三陸のスルメイカを原材料に使いましたこのお煎餅は、甘さの中から広がる烏賊の味わいと、磯の風味が特徴で、嚙めば嚙むほど美味しさが増す、まさにスルメのような煎餅です。
 また、昔ながらの「バリン!」という硬さも魅力のひとつ。「いかせんべいはこの硬さ!」といわれるほど、欠かせない要素となっています。
 創業から変わらない「手焼」製法で、現在も愛されております宮古銘菓「元祖いかせんべい」。ぜひご賞味くださいませ。

btn-buy
ikasenbei

お知らせ

  • 2014/07/01 「元祖いかせんべい」の三陸鉄道の新車両「新お座敷列車」「新レトロ列車」パッケージ版を発売いたします
  • 2014/03/03 ホームページをリニューアルいたしました
ページトップへ戻る